カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

漬物で健康を採り入れよう! 3月4日

おはようございます。

昨日はひな祭り如何だったでしょうか?東京マラソンから外れた地域では人通りも閑散として寂しい雰囲気となりましたが、まぁ大きな視点で見れば、何処かが儲かればいづれは波及効果を感じるようになるんじゃないか・・・そんなに甘くないか笑。いづれにしても良しとしましょう。

来週は月1の連休を取らせて頂きます!
12・13日(火曜日・水曜日)です。
とはいえ、12日火曜日はホテル椿山荘で文京区観光協会主催の「語る食卓 発酵・美酒イベント」があり、私はパネリストとして参加致します。
もう既に定員となっているイベントなので宣伝も出来ませんが、作家の森まゆみさん司会で東京港醸造さん、日本醸造工業さん、クリマディトスカーナさんと一緒に発酵や美酒、食卓について語り合う事になっています。

こちらも、先日のガリベンガーV同様、あまり気負わず自然体で臨もうと思っていますので、他のパネリストの方々から一つでも刺激を受けられる話を聞けたらいいですね!私も勉強させてもらうつもりでいますので、質問できることがあればしていきたいと思います。

また、そのイベントで試食される漬物3種のうち2種類が今週末に入荷予定です。
1つは既に仕入れました「桜だより」。薄くスライスされた大根の塩漬けで、桜の花で香りを付け、梅酢で味を調えています。これ結構評判が良かったのですが賞味が短いというのが難点で、あまり大量に仕入れられないのであっという間に完売したらごめんなさい。

それから、もう一つは先日お知らせしました”しば漬けの原点”である、茄子だけを使った「本しば」。一般的には野菜を塩漬けで発酵させた後、塩出しをしてから醤油の漬け液に漬けなおすので表記は「しょうゆ漬け」となりますが、こちらの本しばの表記は「塩漬け」。平安時代と同じ製法という事です。
これがまた旨い!是非、皆様も現代の柴漬けとの違いを味わって頂きたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

漬物で健康を採り入れよう! 3月3日

おはようございます。

3月3日、ひな祭り、東京マラソン、そして千駄木マラソン大会と賑やかになっています。大勢の警察官が交通整理に出向き、多くのボランティアが運営を担っています。

やっぱり、こういう大きなイベントは開催されてこそ!
コロナ禍で鬱屈した数年を過ごした我々には、なおさら有難みが湧いてきますよね。
来月はもう「つつじ祭り」があります。
その前にホワイトデーか・・・、どうなんでしょうね?
そもそもバレンタインデーも盛り上がったのでしょうか?ちょっと調べてみましたら、バレンタインにチョコを買った人は成人の40%ほどで、その内自分の為と答えた人が数%という結果だったそうです。

また、チョコを友人または恋人にあげた人の70%近くがホワイトデーにお返しを期待しているらしく、その内の40%ほどがあげた物よりも高価なものを期待しているという事で、ん~・・・複雑な心境です。
20年前と比べるとバレンタインデーを楽しむ人の数は増加傾向にあるそうで、もしかすると我々ミドルシニア世代が今もなおバレンタインデーを支えているのかも知れないですね。

となると、ホワイトデーのお返しはどうなるのか?
漬物ではなさそうという事だけは分かりますので、今年のホワイトデーもおとなしくしていようかな?と思っています。

とりあえず今日は走った後の糖分補給に「あんずしそ風味」は如何でしょうか?
赤紫蘇がアクセントになった甘いお菓子です!是非。

漬物で健康を採り入れよう! 3月2日

おはようございます。

強風、雨、寒暖差、花粉、春はもっと良いイメージを持っていましたが、それは4月頃の事でしたっけ? 花粉症ではない(と思っています)私でも鼻をかむ回数が増えたり、目が痒く感じたりする時があります。

それでも、街行く人の中には春を感じ取っている人もいるようで、大声で歌を歌いながら自転車で通り過ぎたり奇声を発する人が出てきています。科学的に見ても、気圧や気温の変化で自律神経や交感神経のバランスが崩れる時でもあり、新生活のストレスで心が病んでしまったり、動物本能的には活動的になって自制心を保てなかったりするそうなので、自分自身がそうなったとしても、他人がそうなっているのを見たとしても「春に起こる当然の現象だ」と受け止めた方がいいかも知れないですね。

ところで、去年から施行された新たな食品衛生法によって「いぶりがっこ製造者」が激減した事は記憶に新しいですが、その後も梅干しの製造者が激減したり、らっきょうの生産者が激減したり、例年春に取り扱う商品が取り扱えなかったりと大きな変化が来ています。
そこへ追い打ちをかけるように「ぺそら漬け生産停止」というニュースも入っています。あまりの衝撃で詳しい話を覚えていませんが、今まで作っていたメーカーさんがやめてしまうという話だったと思います。
倒産するのか合併するのか、とにかく「今までのぺそら漬けはもう買えない」という事ですので困ったもんだと途方に暮れています。

随分前ですが愛知県の「一丁漬け」という臭くて美味しい沢庵も後継者がいないという事で無くなってしまいましたし、本当にどうなってしまうのか・・・

漬物で健康を採り入れよう! 3月1日

おはようございます。

「ひな祭り=桃の節句」ですが、その意味を知っていますか?
何となく女性のための祭りだとか、ひな人形を仕舞い忘れると婚期が遅くなるとか、いい加減なことばかりが頭に浮かびますが「ひな祭り本来の意味」とは何でしょうか?

まず、ひな祭りは”幼い女の子”の健やかな成長と幸せを祈るための行事です。

幼い女の子を何歳までと定義するかは難しいですが、江戸時代の子供は生まれて1年までに2割が亡くなってしまうそうで、成人(当時は15歳くらい)まで無事育つのは5-6割という事を考えれば、せいぜい5-6歳くらいまでが「幼い女の子」として扱われたのではないかと推測されます。

また、桃の節句とは「桃の花」が中国では魔除けや長寿の象徴になる。旧暦では3月の頭がその時期にあたるという事で「桃の節句」というらしいのですが、「ひな祭り」の「ひな(雛)」とは?
調べても「昔、女の子が遊んでいた人形を(ひいな)と呼んだから」とか、「女性の健康と安産祈願に御利益があるとされる少彦名命(すくなひこなのみこと)の”ひこな”が由来している」とか、ちょっと曖昧な感じで謎でした。

ひな人形も歴史としては縄文期までさかのぼる事も出来るそうですが、元々は五穀豊穣を願うための物で、私たちが知る「ひな人形」の形になるのは江戸時代。

という事でまとめますと「ひな祭りは小学生くらいまでの女の子の健やかな成長と幸せを願うべく、桃の花を飾り、栄養のあるものを食べさせる日」という結果に辿り着きました。

決して、ひな人形を出し忘れたとか、仕舞い忘れたとかで凹む様な日ではない!という事だけ知って頂くだけでもいいなかな?と思います。

さて、それとは別に今の時期と言えば「梅」ですよね!
無添加で、梅肉を使用した沢庵漬け「梅たくあん」は素朴で味わい深いです。
発酵食品でもありますし、桜ごはんと一緒にお召し上がり頂ければ最高に良い雛祭りになるんじゃないか!と思いますので、是非お試しください。

漬物で健康を採り入れよう! 2月29日

おはようございます。

先日、テレビ関係者から「どぶ漬けって知ってますか?」と聞かれて、何となく聞いたことがあるような無い様な感じだったので「知りません」と伝えて、後日調べてみました。

「どぶ漬け」と調べると幾つか別の地域、別の漬け方で出てきます。
塩水を使うもの、米と研ぎ汁を使うもの、奈良漬けの粕を再利用するもの等で全く違う漬物です。それでも「どぶ漬け」という共通の名前を持っている。

もしかしたら「どぶ」という言葉に何かヒントがあるのではないかと調べてみましたが明らかな結果を得る事は出来ませんでした。
液状のものに「どぶどぶ漬けるから」「野菜を入れる時のドブっという音から名前がついた」などの推測はできますが、それにしても全く別の地域で別の方法で作られた漬物に、同じ「どぶ漬け」という名前を付けたところに面白みを感じますね。

さて、今日で2月も終わり。
3月3日はひな祭り。
なーんにも考えて無かったなぁ。。。ま、いっか。

漬物で健康を採り入れよう! 2月27日

おはようございます。

昨日は思いのほか簡単に抜歯が終わりまして、ろれつが回らないという事も無く順調です。ただ、口の中がずーっと血の味で嫌ですねぇ、ほんと。

さて、昨日気が付きましたがなんと!Coin+のキャンペーンが始まっております!
昨日から3月17日まで、coin+決済で1000円以下のお買い物なら1日1回、期間中何度でも半額!になります。
1000円以上のお買い上げの場合、一律で500円割引!
こちらも1日1回、期間中何度でもOK!
また、当店で発行しているポイントカードと同じ条件のポイントシステムがCoin+で登録可能!すぐ溜まる!すぐ使える人気のポイントなので是非!ご利用ください。

そして、さらに3月1日から楽天ペイのキャンペーンも始まります!
こちらのキャンペーンは現行ペイペイ「スクラッチキャンペーン」の様な感じで、お買い上げごとに抽選が行われ、最大全額還元されるということです。
期間は3月1日から31日まで。
なんだか今日はキャンペーンのお知らせに終始してしまいましたが、まぁお得情報は有難いですよね。

漬物で健康を採り入れよう! 2月26日

おはようございます。

今日の午後は歯医者へ行ってきます。
2-3年前に左上の奥歯を抜きましたが、今度は右上の奥歯を抜く事になります。
何故か?割れたからです、歯が。
世の中への憤慨を我慢しているからか、はたまた夜の歯ぎしりがそうさせたのかは分かりませんが、スポーツ選手が奥歯を割ってしまう現象と同じメカニズムになります。
そうか・・・スポーツはしていないけど、ある意味私はアスリートなのかと。
いづれにしても、麻酔やら抗生物質やらで上手く話せない事があるかも知れませんが、「なんか変だな?」くらいにとどめて置いて頂けると助かります。

それにしても歯を抜くのは嫌ですね。
痛いのは平気ですが、なんと言っても面倒くさい。
歯茎に穴が開くと食べ物が詰まるんです。
それを避けるために小さく切って少しずつ口に入れて、穴が開いてない方の歯でゆっくり食べなければいけないからです。
穴が閉じるまでの1-2週間は食事へのストレスと戦わなければいけないのですが、期待しているのは第二永久歯が生えてくること笑
抜く予定の奥歯の奥には親知らずが隠れていまして、割れた奥歯を抜くと、そいつが表に出てくるだろうという歯医者さんの見立て。
いづれにしても抜かずに放っておけば炎症して厄介になるという事なので、新しい歯に期待しているという訳です。

ところで、今のところ取り扱い予定はありませんが、3月の発酵イベントに出品予定のこちら無添加「本しば」!

柴漬けの発祥と言えば京都大原。
大原で大量に収穫される「茄子と紫蘇」を発酵させたのが始まりとされています。
現在、柴漬けとしてポピュラーなものは胡瓜がメインで、茄子・生姜・茗荷などが入ったものになりますが、元々は茄子だけ!という事で、こういうものが今も作り続けられている事に有難みを感じますよね。

味は本当にシンプル!優しい発酵の酸味と塩味、紫蘇の香り。
古来の原料と作り方でこんなに美味しくなるのか!とビックリさせられます。
やっぱり扱ってみようかな・・・

漬物で健康を採り入れよう! 2月25日

おはようございます。

3連休最終日、寒くて冷たい雨、という事で多くの人が”家から出ない”という選択をするだろう事は容易に推測できます。
先週の水曜日も確か寒くて冷たい雨だったので、休日の私も家の片付けや録画した映画を見て過ごしたと思います。
そんな、まったり営業確実の本日ですがお勧めしたい桜シリーズ第3弾がこちら!


一口に桜花漬けといっても色々ありまして、やっぱり作り手によって出来栄えが違ってくるものです。桜の花を塩漬けにしたシンプルなものでありながら発色、香りや味まで影響がでるのだから人の仕業というのは様々ですね。
これは良し悪しではなく、使う方、食べる方の趣向に合うか合わないかなので「安いから悪い物、高いから良い物」という概念を忘れて探して頂くのがベストだと思います。

ちなみに、当店で取り扱いの桜花漬けは綺麗なピンクの発色、近くにいるだけで香って来る甘い桜の香りが特徴となっています。

桜湯、お菓子作りなどもおススメですが、簡単な「桜ごはん」が一番のお気に入り。
1,桜花漬けを軽く水洗いしてギュッと絞る。
2,炊きあがったご飯に混ぜる。これだけです!

小袋は50g入りですが、これでご飯2合が目安となります。
あとはお好みで調整してください。

漬物で健康を採り入れよう! 2月24日

おはようございます。

昨日に続きまして新入荷商品を紹介します。
今日は「無添加さくら沢庵」!
ちょっと桜餅をイメージするような甘い香りが特徴の酢漬け大根。
甘いとはいえ、お菓子の様な感じではなくあくまでも甘酢漬けの域を超えないので十分ご飯のお供やお酒のつまみ、お茶うけなどで活躍できます。
この手の商品が賞味が短いのは仕方ないを思ってください。
あくまでも旬を味わう商品で、取っておいたり保存したりする類ではないからです。
こちらの「無添加さくら沢庵」も「桜だより」同様、販売期間的には短いスポットとなりますので是非!お見逃しなく!!

ちなみに、私のホームページを見ている方ならご存知と思いますが、念のために書いておきますと*当店の「無添加」とは、”食品添加物”に指定されるものが一切入っていない物を指します。
経験のある方ならお分かりだと思いますが「無添加漬物」で検索すると【保存料無添加】とか、【着色料無添加】など特定の添加物だけを指して売っている物がありますが、そういう事ではありませんのでお間違いなく。

漬物で健康を採り入れよう! 2月23日

おはようございます。

昨日は幾つかの新しい商品が入ってきました。
今日はその中でもあまり扱った事がない商品をご紹介します。

無添加【桜だより】

薄くスライスされた大根を塩漬けにして出汁や梅酢等で味を調え、桜の花と葉で香りを付けたものです。
桜の花を使った漬物は江戸時代から出始めた様ですが、当時もきっとこんな感じの漬物だったんじゃないか?と思わせる様な素朴な味わい。
着色料を使用しないので大根も色の染まっていない部分もあり、それがまた良いグラデーションになっているように感じます。
余計な甘味や狙いがなく、シンプルに漬物としてご飯と一緒に、お酒と一緒にお召し上がり頂ける味じゃないかと思っています。和菓子に添えても良いかも知れませんね。
とりあえず、スポット販売となりますが悪しからず。

ページトップへ